カレイド

カレイドロゴ

RGBのイメージをそのままに。広演色印刷を実現する。

カレイドインキを使うことでRGBの広い色域をこれまで以上に再現できるようになります。

RGBデータを印刷する場合、CMYKに変換する必要があります。
カレイドインキでは、今までCMYK変換する際に失われていた色域を広く再現することが可能となります。

特徴 1

従来インキよりはるかに広い色再現域で黄から赤の階調が豊かになっています。

特徴 2

強い赤の階調再現も向上しています。

特徴 3

マゼンタの発色が鮮やか、特に白からピンクの再現が綺麗になります。

特徴 4

特に今まで印刷では再現しにくかった濃いブルーが、Kaleido®では階調も色再現も格段に向上しています。

※注意事項

  • カレイドインキはRGBの色域を完全に再現するものではございません。
  • 絵柄や扱う色によっては効果が得られない場合がございます。
  • データ作成は必ずRGBモードで行い、RGBモードのままカラープロファイルを埋め込んで保存してください。
  • カレイドインキは基本紙をご利用ください。(特殊紙は効果が期待できません。)

※「カレイド」「Kaleido」「広演色」は東洋インキ製造㈱の登録商標です。https://www.toyoink.jp/ja/products/kaleido/index.html

カレイドの色再現領域

カレイド
図1:ガモット図(Yxy平面)
図2:ガモット図(ab平面)
図2:ガモット図(ab平面)
図3:3Dガモット図
図3:3Dガモット図

上の図は、肉眼が認識できる色彩範囲を表した「色度図」を色相/彩度と明度の2次元および3次元で表記した「ガモット図」で、AdobeRGBの色表現領域が水色の枠線で示されています。中央の濃いグラデーション領域は従来インキ(Japan Colorなどの標準的なプロセスインキ)の色再現範囲であり、赤色の枠線はKaleido®の色再現範囲を示しています。
従来インキと比べてKaleido®は、その色再現範囲を飛躍的に広げており、AdobeRGBの色表現領域に大きく接近していることが判ります。

従来インキとkaleidoを比べてみてください

★下記画像中心のスライダーを左右にドラッグ して画像を比較してみてください。

従来インキカレイドインキ

※色彩の相違の度合いをご覧いただくためのものであり、実際の印刷表現色とは異なります。

夜景

人物

生物

イラスト

景色

※色彩の相違の度合いをご覧いただくためのものであり、実際の印刷表現色とは異なります。

無料サンプルを
ご用意しております

ご依頼の前にお確かめください。

カレイドサンプル

CONTACT

まずは、お気軽にご相談ください。
使用目的や制作背景など、なんでも結構です。是非お聞かせください!